RSS RSS 2.0

NPO法人 縄文楽校 » ピックアップ » 「本物の森林業」を目指す師弟

「本物の森林業」を目指す師弟

龍山村白倉峡の奥地で、本物の「森林業」を目指す2人の師弟。

2年間毎日山に入り、木を切り、枝を打ち、木を植える作業を続けています。

「食べていくのがやっとです。」

と、あきれたように答えてくれましたが、彼女の心はすでにこの山にしっかりとした根を張りはじめている気がしました。