RSS RSS 2.0

NPO法人 縄文楽校 » 里山の共室

里山の共室

縄文楽校がお借りしている田んぼは、地元の方のもちものです。管理が困難になり、使ってもらえるならと快く承諾をいただくことが出来ました。

この田んぼには工業用水が引き込まれていません。すぐ裏の山からわき水が流れ出ているので、水みちを作り引き込んでいます。

現在は「黒米」・「緑米」を作っています。もちろん無農薬!

階段状の田んぼの一つ一つは小さく、大型機械で作業をするわけにもいかないので、ほとんどの手入れは手作業です。このサイズでも、毎年子供達から大人の方まで、多くの人の助けを借りてのイベントとなります。

2008年には農林研究所の方が調査に訪れてくださいました。浜松市ではなかなかこういう場所は無いそうです。

けれども一方でここに幅5mの道路を作る計画が進行中です。かけがえのないものがたくさん詰まったこの小さな田んぼを、何とか守る手立てはないものでしょうか。